あきらめないで! 過払い金いんふぉ

クレジットカードの過払い金

 

クレジットカードを使っている場合でも、過払い金が発生します。

そもそもクレジットカードには、買い物をするための「ショッピング枠」と、お金を借りるための「キャッシング枠」の二種類があります。

過払い金は返済した分のお金のうちの払い過ぎた利息になりますので、買い物をするためのショッピング枠ではそもそも発生しません。

 

これはリボ払いの場合も同様ですが、キャッシング枠で発生した過払い金は、もしもショッピング枠で返済が残っている場合は相殺という形になります。

この時に返済が返しきれていない場合はブラックリストに載ってしまう可能性もありますので、先に全ての返済を終わらせてから過払い金の請求を始めた方が安心です。

過払い金があるかどうかは、クレジットカードの会社によって違います。

そもそも金利が安かった場合には発生していない場合も多いですし、自分が該当するのか確認する必要があると言えます。

 

通常、過払い金の時効は10年と言われており、これは最後に取引があってからの期間と言われています。

ただし、取引と取引の間に空白の期間があった場合には、違う取引内容と見なされて「最後に取引した時」とはならず、時効が早まってしまう場合があるそうです。

 

しかしクレジットカードでの過払い金は期間が非常にあいまいな部分があります。

例えば返済が終わった後もクレジットカードの年会費を払い続けていた場合には、取引が続いているとされ、10年を超えた場合にも過払い金請求をできるケースがあるそうです。

 

とは言え、どれだけ空白の期間が空いているか、取引が続いているかなど、その時々で判断がなされるのではっきりした答えは出せません。

専門の弁護士や司法書士に判断を仰ぐのが確実だと言えるでしょう。