あきらめないで! 過払い金いんふぉ

ブラックリストの登録取り消し

 

過払い金の請求をした際に、契約の見直しをしたと判断されて事故情報、俗に言うブラックリストに載せられてしまうということがあるそうです。

ブラックリストから消す方法はなく、5年ほどはそのままになってしまうそうです。

ですが、過払い金の請求は法律的に問題のないことですので、他に問題がない場合には取り消しをすることができます。

ブラックリストに載っていると新たにクレジットカードの作成ができなくなってしまう、ローンが組めないなどの問題が出てきますので、まずはそれぞれの信用情報機関に開示の請求をするべきでしょう。

機関によって、必要書類ややり方は様々です。

 

もしも自分の過払い金によって自分がブラックリスト入りしてしまっていた場合には、「事故情報取り消し申立て」を提出することで、他に問題がなければ取り消しをしてもらえます。

これは弁護士などに頼むのはもちろんですが、個人でも行うことができるようです。

 

ただし、返済が続いている場合は取り消しができませんので注意が必要です。

事故情報取り消し申立ての要請書には、「訂正理由」をしっかり記す必要があるそうです。

過払い金であれば、法的に問題ない手続きであること、ブラックリスト内容とは違うことを説明します。

訂正を行ってもらった場合には結果を送ってもらうこと、訂正を行わなかった場合にもその理由を送ってもらうよう記しておけば安心です。

さらに金融機関との和解書のコピーを添付しておけば、訂正理由として強くなるでしょう。

 

逆に取り消しが難しいという場合は、債務整理や自己破産をした場合や、過払い金請求をしたにも関わらず借金の返済が滞っている場合や、返す意思が見られないという場合だそうです。