あきらめないで! 過払い金いんふぉ

リボ払いの過払い金

 

リボ払いは、正しくはリボルビング払いと呼ばれる支払方式です。

高額の商品を買う際などに、一括で支払わずに何回にも分けて支払うことで、月々の支出を抑えるという方式になっています。

リボ払いを行った場合でも、過払い金が発生する可能性があります。

ただし、ショッピング枠として買い物をしたものは「立替金」という扱いになりますので、過払い金は発生しません。

あくまでキャッシングで借り入れをした時に限る、というのはしっかり覚えておきましょう。

 

実際にリボ払いについての過払い金の請求をした場合、どのようなことが起こるのでしょうか。

まず、請求を行った時点で、カードについて全面的にストップがかかります。

これは過払い金が戻ってきた後でも同じで、一切の利用ができなくなるので、注意が必要です。

 

ただし、戻ってきた過払い金は、「ショッピング枠で返済が残っている分」との相殺が行われます。

これは任意整理と呼ばれている扱いになり、キャッシングであろうと何であろうと一括で計算がされるそうです。

 

過払い金と相殺してもショッピング枠での支払分が残ってしまった場合には、一旦は任意整理として扱われますが、その後の処理によってはブラックリストに載ってしまう可能性もありますので、過払い金の請求を行う前に、リボ払いで残っているショッピング枠での支払いを済ませておく必要があると言えるでしょう。

リボ払いは払い方を分割しているというように感じられますが、支払を遅くしていき、その分の利息が乗っていくという意味では「お金を借りている」という状態と変わりがありません。

 

過払い金の請求をする時には、自分が不利にならないよう返済はしっかり行っていく方が安心です。