あきらめないで! 過払い金いんふぉ

弁護士か司法書士か

 

過払い金請求をする時に、普通は個人だけで全ての手続きを済ませるのは難しいと言われています。

そこで弁護士や司法書士に依頼をし、代理で手続きや交渉を行ってもらうことが一般的となっています。

では、弁護士と司法書士はどのような違いがあるのでしょうか。

 

そもそも両者は、専門分野が違っています。

弁護士は法律関係の知識があり、代理人としての交渉も可能となっています。

司法書士は会社の登記や不動産関係を得意としているようです。

どちらも過払い金の交渉は問題なく行えますが、司法書士の方が金額や交渉範囲に制限が出てきてしまうと言われています。

司法書士の扱える金額は、一つの案件で140万円までになっているそうです。

 

単純に弁護士の方が法律的な制限がないので、大きな強みと言えるでしょう。

しかし、弁護士と言っても過払い金の交渉が専門外という場合があります。

弁護士の業務は多岐に渡り、人によっては刑事事件などを得意としている人も多いので、人によっては「法的には上限はないが、不得手なために過払い金を回収できなかった」というケースがあるそうです。

 

140万円を超えない場合は、弁護士でも司法書士でも問題がない。

140万円を超える場合には弁護士にしか扱えない。

ただし、人によっては専門外という場合もある。

というところが大きな違いになっているようです。

 

金額に制限がない限りは、弁護士か司法書士かという選び方ではなく、過払い金などのお金に関わるところを専門的に扱うことができるか・事務所として信頼の置けるところかというところで選んだ方が良さそうです。

中には悪徳と呼ばれるような事務所もありますので、ネットの口コミなどを確認してよく比較してみる必要があると言えるでしょう。