あきらめないで! 過払い金いんふぉ

Uncategorized

取引の分断・一連

 

定期的にお金を借りているという場合、金融業者から借り入れを行い、完済した後に同じ業者から借り入れるということが起こるかもしれません。

一度は完済したものの、これら取引が「一つの取引」として扱われる場合、合算をして引き直しの計算を行うことになります。

 

しかしそれぞれが全く別の要因で起こった取引の場合には、当然それぞれ別途で計算をすることになります。

これは過払い金の計算をする時によく問題とされる部分で、借りている側は過払い金の返金額を多くしたいので「一つの取引」である一連充当計算での算出を求めます。

 

もしも一連計算の場合、完済後10年が経過していても請求することができます。

一方、貸している側はなるべく払いたくないのでそれぞれ分断された取引だという主張をします。

 

 

では、一連計算の主張を通すには、どのような点に注意すれば良いのでしょう。

 

 

まず、基本契約書をどう交わしているのかが判断のポイントとなります。

例えば一つの基本契約書で一度、二度、三度と分けて完済をしている場合は、一連の取引と認められやすくなります。

 

また、完済をした後の空白期間もよく見られる部分です。

例え同じ基本契約書であった場合でも、一度目の返済から二度目の返済までに数年掛かってしまっている場合は、一連取引の主張を通しにくくなってしまいます。

 

厳密にどれだけの期間と定められているわけではなく、法律的にも定められていません。

他の状況も含めて確認しながらの話し合いで、どこまで有利に話を持って行けるかが大切なポイントとなるでしょう。

 

しかしあくまで一般的な話ですので、弁護士と相談しながら自分がどのケースに該当するのかを確認していかなくてはいけないでしょう。

 

 

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です