あきらめないで! 過払い金いんふぉ

Uncategorized

過払い金請求は10年の時効で消滅する。

過払い金返還請求権は、取引が終了した時から10年の経過で消滅時効が成立する。取引終了時から10年経っていなければ,10年以上前に発生した過払い金と、取引中の過払い金は全部請求できる。だが,取引内容によっては,いつが取引終了時であるか,激しく争われることがある。

完済した取引についての取引終了時は完済した日。未完済の取引についての取引終了時は最後の入出金である。これは,返済が最後で終わっているときは、その返済日,借入れで終わっているときはその借入日になる。未完済で現在返済を続けている取引の場合は,通常、最後の入出金から10年経っていることはないので,消滅時効が問題になるのは,今から10年近く前に完済した取引や今から10年近く前に返済を止めて放置している取引である。

消滅時効は、取引終了時から10年で成立するので,10年近く前に一度完済したことがある人は注意が必要である。1個の取引であれば,最後の取引日から10年経っていなければ、消滅時効は成立しないが,その取引が途中で何度か完済・解約・再開などがあり,取引が複数に分かれる場合は取引ごとに取引終了時から消滅時効期間が進行する。そのため,最後の取引日からは10年経っていなくても,今から10年近く前に一度完済したことがある人は,取引が分断した場合,一度完済した時から10年経っていると,その時までの過払い金には消滅時効が成立する。

着手時点から10年以上前に一度完済していて,裁判所でその部分で取引が分断すると判断されると,一度完済した時までの過払い金に消滅時効が成立してしまうことになる。最悪の場合,一度完済後に再開した取引が法定利率内の取引の場合,過払い金は発生しないので,結局,回収できる過払い金は存在しなくなってしまうこともある。

そのため貸金業者は,取引の個数の問題,取引の一連性を必死に争ってくる。10年近く前に一度完済したことのある人は,その時までの過払い金に消滅時効が成立する可能性があることを頭に置き,過払い金返還請求の時期を決定する必要がある。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です