あきらめないで! 過払い金いんふぉ

Uncategorized

過払い金請求の流れと手順

過払い金は、時効などで消滅してしまう可能性があるので、過払い金の対象となった人は、すぐに過払い金請求に向けて具体的に動き出してみてほしい。

流れとしてはまず、取引履歴の開示請求を行う。過払い金の有無を確実にするため、金融機関に取引履歴を開示してもらう。過去の取引、金利が分かることで、具体的な過払い金の計算ができる。電話などでの請求は可能だが、一般の人であると、足元を見られる場合もあるので、初めから専門家に依頼しておいたほうが話が早いのではないだろうか。

次に、過払い金の計算をする。各業者から取引履歴を送ってもらい、届いたら、それを元に過払い金の計算を行う。正確な過払い金請求のためには、遅延金なども含み、計算が複雑化してくるので、専門家に任せたほうが安心できるのではないだろうか。

また、貸金業者に対する過払い金請求については、過払い額がわかれば、貸金業者に対して過払い金請求を行っていくことになる。

しかし、貸金業者からすれば、お金は払いたくないものであろうから、ここでも専門家の真価が問われることになる。自分に不利な状況で和解してしまわないように、過払い金請求を行う際は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するほうがアンしていられるだろう。

過払い金請求を行うにあたって、確実かつ、スピーディーな解決が見込めることが利点である、弁護士や司法書士などの過払い金に精通した専門家に相談するほうがいい。だが、依頼するのには抵抗のある人もいるだろう。そのような人は、まず相談からはじめることを勧める。過払い金請求をはじめ、債務整理に関する相談は、相談者にも費用の不安がある事が多いことから、まずは、法テラスなどの無料相談に出向くのが、入り口としては入りやすいだろう。

専門家に相談することで、現在の過払い金の具体的な金額や、過払い金返還の方法などを教えてもらうことも可能である。過払い金の対象となっている人は、専門家に相談することにより、先に進められるし、過払い金対象外だった人も、ほかの方法を提示してもらえる可能性もあり、解決につながるかもしれない。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です