あきらめないで! 過払い金いんふぉ

Uncategorized

利息制限法

「過払い金」は、情報を一つ知らないだけで大きく損をしてしまうということは、インターネットやテレビの広告などでもよく見かけるのではないでしょうか。もしもあなたが毎日のようにクレジットカードを使っているならば、人によっては、数百万円レベルの損をしている可能性があるということです。具体的に言えば、クレジットカードを継続して7、8年使って、毎日のようにキャッシングをしていたとするならば、確実にそのような損をしている可能性があるわけです。クレジットカードでキャッシングをするということは、30%近い利息が生じるということで、利用者は知っていると思いますが、「利息制限法」によって、ある程度以上の利息を会社が回収するということは、法律に違反している可能性があると言うことを知っている人は多くはないでしょう。具体的に言ってしまうと、例えば、100万円以上のキャッシングに対しては、15%を超えない範囲で利息を設定しなければならないといった具合で、これらの限度を大きく超えてしまった場合、その利息をキャッシングした人が余分に払ってしまっている場合は、変換する必要があるのです。この変換する必要がある金額のことを、一般的には、過払い金と呼んでいるようですが、便利さが非常に優位に立つキャッシングクレジットカードにおいては、このような点に気づかないまま多額の過払い金を抱えて生活をしている人が多い、という事実は、インターネットの掲示板などでもいたるところで見かけるような気がします。そもそも、過払い金というものは、あなた自身が本来持っておくべきお金のはずで、カードを発行している会社が回収して良い範囲のお金ではないということを、よく理解しておく必要があるといえますし、何よりも不当な手段で金利を回収していると言うことはあるでしょう。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です